top of page

波動ヨガ&音叉ワークショップまとめ

2018年11月に日本で行ったワークショップ概要

幸miyuki

波動ヨガ&周波数調整ワークショップ

まとめ

東京 11/4  宮益坂十間スタジオ

福岡 11/11 福岡イムズ

京都 11/18 スタジオ・コラボ

1. チャクラの説明

2. 意識を戻す誘導瞑想

3. 呼吸法瞑想

4. チャクラムドラ瞑想

5. 気功瞑想

6. 流れを促す簡単ヨガ

7. ヨガ二ドラ

8. 音叉で周波数調整

9. 波動の仕組み 説明

10. Q&A



1. チャクラの説明

いいサイト見つけました。ご参照ください。


1. ルートチャクラ(ベースチャクラ)

2. セイクラルチャクラ(丹田のチャクラ)

3. ソーラープレクシスチャクラ(太陽神経叢)

4. ハートチャクラ

5. 喉のチャクラ

6. サードアイチャクラ(第3の眼)

7. クラウンチャクラ




2. グループソウルの説明


私たちはもともと一つの存在です。

そこからその存在の情報を全て持った状態で目的によっていくつかに別れます。

またさらにその情報を全て持った状態で目的によって別れます。

そうして個別の魂として地球に存在します。

もともと同じものですので、性質は同じ。

その中でそれぞれ違う経験や勉強をするために、個としての意識を持つためのものの一つがエゴです。エゴは個性と呼べるでしょう。

悪いものではありません。(もともとこの世界に「良い」「悪い」は存在しません。)

エゴに執着した時、本人が生きにくくなるだけです。

嫉妬や憎しみがその例です。

こちらご参考ください

https://youtu.be/F5sYHIr2_3c (このYouTubeのびこさんという方、通常英語で書かれる世界のスピリチュアル関連情報も、きちんと日本語で説明してくれています。他の日本人の方は、若干ですがずれていて、日本人特有な捉え方をされている方が多いように感じます。この方の解釈を私はおすすめします。)

こちらもわかりやすいです。





3. 意識を戻す瞑想

· 聞こえてくる音に意識を集中

· 肌の感覚に意識を集中

· 空気の質感を感じる

· 匂いに意識を集中

· 自分のエネルギーに意識を向ける

· 自分の内臓に意識を向ける(スキャンして調子の悪いところを探してもオッケー)

· 自分の自然な呼吸に意識を向ける

· 呼吸を深く長いものにすることに集中


4. 呼吸法

· 古代脊椎呼吸法

1. 息を吸う時に頭上から光と酸素、エネルギーが入っていくイメージ 2. 背骨を通って下へ(背骨から幹から小枝のように出てるところから身体の隅々まで行きわたる感じ。) 3. 尾てい骨から地球に抜けていく感じ。 4. はく時に地球から上がってきたマグマのエネルギーが背骨を通ってまた小枝から広がって背骨の上を通って宇宙に抜けていく感じ。


· 3パート呼吸法

  自律神経を整える自律神経呼吸法

吸う4-止める7-吐く8

吸う7-止める7-吐く7

・クリヤヨガ呼吸法

· 力を入れて吸う→声と一緒に毒素を吐きながら2回吐いて力を同時に抜く


· プラナヤーマ呼吸法 Single Nostril Breath 方鼻呼吸法

左が月 —リラックス

右が太陽 ーエネルギー


· プラナヤーマ呼吸法 Alternate Nostril Breathing 方鼻呼吸法

月と太陽交互に 


· プラナヤーマ呼吸法 kapalbhati detox breathing カパルバティ デトックス呼吸法

鼻だけで息を吸った時にお腹を膨らませて、吐いた時に引っ込ませる。ふっふっふっと早くしていく


· Breath of Fire  (クンダリーニヨガ)

ふっふっふっと鼻だけで呼吸。お腹の筋肉を使いながら 

地球のマグマのエネルギーを取り入れながら

· Ujjayi Breath ウジャイ呼吸法

スースーっと喉の奥で波の音を立てるように。

息を吸いきった時と吐ききった時を意識




5. チャクラムドラ


ムドラとは自らの体をブースターケーブルのように使ってエネルギーの流れを調整し、意識を覚醒化させるもの。

印のようになっていますが、それぞれ意味や効果が全てあります。





これ!という日本語のサイトがないのですが、ご参考までに。。

古代の日本人が生み出した仁神術に通ずるものがあります。

☆https://jisin.jp/life/health/1618306/




6. 気功


息を吸った時に手と体の接地面を感じてはいた時に気が体の中に入っていく感じ。

スーッと軽くなったりモヤモヤが溶けたり、黒が白になったり、細胞がプリッと活性化したり、自分の気のイメージや見え方はなんでもオッケー。

例:

光ってキラキラした気

暖かい気 ・冷たい気

白い煙のような気

お腹 → 胸 → 首の後ろの髪の毛の生え際(ぼんのくぼ)→ 頭 → 顔





6. ヨガアサナ


· 自律神経を調整・手足の疲れを取る 〜 寝た状態で手足バタバタ


· 股関節 〜 寝た状態で膝を持ってぐるぐる or 座った状態で明日の裏を合わせて膝パタパタ 膝を床に近づける

· 腰痛防ぎ・臀筋伸ばし 〜 右足を左足の太ももの上に置いて左足の太ももらから体に近づけてお尻を床に近づける → 逆も 

· 骨盤 〜 座った状態で足の裏を合わせ右左に揺れたり、空から見て綺麗な円になるように体で円を描く。

· 筋膜・筋 伸ばし 〜 首、背中、サイド、太もも、アキレス腱、ハムストリングス


· 神経意識 (クリヤヨガ) 〜 右や左に揺れながら意識を持ってくるところを変え、意識のあるところだけに集中。体の部位や内臓、エネルギーに意識を持ってくる。最後は中心線へ。


· 太陽礼拝 (sun salutation) 〜 エネルギーを回すことで調整し、体のバランスや筋肉を強化。呼吸により代謝を上げる





7.ヨガニドラ

シャバサナで手のひらを上に向けて体の横におき寝た状態。

それぞれの体の部位に意識を持ってきて(力を入れてもオッケー)力を抜いていく。

足先から頭の先へ向かって。

リラックスのエネルギーが足先から頭の先へ登っていく感じ。






8. 音叉による周波数調整

エネルギー、心、体(経絡)の周波数を調整しました。







9. Q&A

✴︎波動の法則✴︎

今の現実はすべて自分の映し出している波動とマッチしているものです。

現実社会では自分が出した波動がゆっくりとしたスピードで具現化していき、少し遅れて現実化します。

(出した波動がすぐにマッチして思ったことがすぐに実現化してしまったら危険な社会だから)

じっくりと波動を出す時間を設けてもらえているので、好ましくない波動を出してしまった時には、すぐに心の状態やエネルギーの状態を整え直し波動を変えていけばセーフ。

自分のあるべき姿に見合う波動を出すこと。

自分の欲しいものを手にしている自分の状態の波動を出すこと。

ラジオの周波数のように望む波動と自分の出している波動がマッチした時、自身がそれに見合った行動を苦なくできるようになり、実現化するための努力の積み重ねをスムーズにすることができ、時間が最適な流れをしてくれます。 そうして物事が実現化していきます。

途中で波動が乱れてしまったらまた戻せばいいんです。

止まったところからまた始まります。

Q. 自分の理想の波動を探すためにはどうしたらいいですか?



A. 自分の心に耳を傾けてください。


1.感情が‘はかり・インディケーター’です。

自分の感情が一番いい状態の時を見つける。 もやもや〜とするものが心に残る時はベストな波動ではありません。 すっきり快適、やる気が出たりワクワクしたりする状態の波動が自分のベストな波動。



2.誰かのものまねするのも一つの方法

—なりたい自分のイメージに近い人の近くにいるようして周波数を感じる。 —Youtubeなどでなりたい自分のイメージに近い人、好きな人の映像を見てその周波数(雰囲気)を感じる。


3.自分の中の曇りやブロックを取る

自分の中に曇りがある時、自分の求めているものや本当の感情がわからなくなります。

曇りがある状態とは自分の正直な感情を妨げブロックするものがある時です。

怒り、悲しみ、などがその感情です。

それらの感情は、親や社会、学校などで周囲からのプログラミングで埋め込まれ、培われたものによることが多いです。

プログラミングの種類は、自分は充分でない、自分は劣る、自分はダメだ、自分はやらなければいけない、容姿が優れている方が勝つ、努力できる人が勝つ、白と黒がある、悪と善がある、上と下がある、などなどです。

自分が埋め込まれ思い込んでしまっているプログラミングを知ること(ヒーリングすること)は、曇りを取る方法の一つです。


インナーワークやインナーヒーリングはご自分でネットなどで探してみるなり、それを教えている人に助けてもらうなり、してみてください。

誰も見つけられなかった時はご相談ください。






Q. 好ましい波動を保つためにはどうしたら良いですか?

A. 色々方法があります。


1.意識をする

2.自分を知る

3.インナーワーク(自分の中をヒーリング)をする

4.好ましい波動の人の真似をする

5.良い波動の場所(自然)の中に行く

6.瞑想をする

7.良い波動の音楽を聴く

8.自分の心地よいことをする

9.宇宙の法則を勉強する

10.寝る

11.波動の高い食べ物を食べる

12.運動をする

13. アファメーション

14. 感謝をする

15. 他人やもの、場所に愛を送る

16. 直感に従って生きる

それぞれ説明します。

1.意識をする 

まず、そして今自分がどういう状態なのかを意識します。

その今の自分の状態が好ましい波動なのかを意識します。

好ましい状態に保とう〜と意識します。

→好ましい状態でない時、波動を意識しておらず忘れている時が多いです。自分の出しているエネルギーを意識すること。



2.自分を知る

自分がどういった状態を好ましいと思うのか、まず知ること。

どういった時にどういった気持ちになるのかを知ること。

ゆったりほっこりした時に幸せを感じるのか焦りを感じるのか、バリバリ活動している時に幸せを感じるのか疲れを感じるのか、人から注目されている時に幸せを感じるのか嫌悪を感じるのか、などなど。

自分が今の時点でどういう人なのかを知ります。



3.インナーワーク(自分のヒーリング)をする

自分の中の疲れや嫌悪、焦りや怒り、不安を取り除く作業をします。

どういった時にその感情を感じるのか、それがどこから来ているのかを探ります。

書くとやりやすいです。



4. 好ましい波動の人の真似をする

自分がなりたい波動に近い人を見つけます。

その人がどういう行動をしているのか、どういう考え方をしているのか知ります。

身近にいない時はYouTubeでもInstagramでもその方の波動を感じれるものであればなんでもOK.

自分があたかも同じように思考しているようにイメージします。

実際の行動はあとからついて来るもので、まずは自分がもうしているイメージ。



5. 良い波動の場所に行く

自然の中に行く。一番てっとり早い方法です。

とりあえずテンポラリーにでもいいので自然の中に行くことで、一時ダウンは逃れられます。

エネルギーを受け取ることが目的なので、実際に自然のなかに行かなければいけませんが、とりあえずYoutubeなどで自然の音と映像を流すだけでもだいぶ効果はあります。

自然に限らず神社や教会など、波動の良い場所はたくさんあります。

自分の家も、掃除や観葉植物を置く工夫などで波動もよくすることができます。



6. 瞑想をする

瞑想を難しく考える方がいます。

知ってしまうと難しいことは何もありません。

お散歩をしながら空を見てぼーっとすることも瞑想です。

お皿洗いをしながら水と食器に集中するのも瞑想です。

人間は一日に6万回から8万回思考しています。その思考の回数を減らすのが瞑想です。

瞑想をすると願いが叶いやすくなるのは、余計なネガティブな思考を減らすことができるからブロックを取り除くことができるからです。

瞑想の方法は山ほどあります。

· 禅瞑想

· ラブ&カインドネス瞑想

· ボディー瞑想

· マインドフルネス瞑想

· 呼吸瞑想

· 引き寄せイメージ瞑想

· ハイヤーセルフ瞑想

などなど


別のブログで紹介していきます。

誘導瞑想を聴きながらだと比較的楽に入り込めるのでオススメですが、日本語の良い誘導瞑想の方を知らないので、今ご紹介できずごめんなさい。。

探すか自分で作るかします。



7. 良い波動の音楽を聴く

音楽の波動は強烈ですので影響されやすいです。

本来ならば1920年代に変えられた戦いのピッチスタンダードA440Hzではなく、自然のヘルツ432Hz, やDNAの528Hzの音楽を聴いてもらいたいというのが究極ですが、なかなか今の現実では簡単ではないです。

なので、とにかくロックでもハワイアンでもなんでもいいので自分が気持ちがいいと感じる音楽を聴いてください。

クラシック音楽は波動の良いものが多いですので一番おすすめです。


8.自分の心地の良いことをする

人によって違います。

朝早く起きて仕事をして心地が良かったらそれです。

お茶を飲みながら読書して心地よかったらそれです。

友達とおしゃべりをして心地よかったらそれです。

お風呂掃除をして心地よかったらそれです。

何か心のなかにモヤモヤ〜〜とするもの、なんだかスッキリしないものがあったらそれはその瞬間あなたにとって「心地よいもの」ではありません。


9. 宇宙の仕組みや魂の仕組みを勉強する

‘Knowing’叡智を持つことで、生きることが楽になります。

2012年ごろから今まで隠されてきた言い伝え的なものも表にバンバン出ています。 本を読んだり、セミナーに行ったり、自分の前に現れたものを勉強してみると、アセンションの為に波動が上がっていきます。



10. 寝る

どーにもこーにも波動が下がっちゃう時は寝れたら寝てください。


11. 波動の高い食べ物を食べる

動物が殺されて処理をしているものは、その動物のストレスエネルギーを保持していますので、やはり波動はよろしくないです。 野菜や海藻、果物が、波動の良い食べ物です。 カフェイン、砂糖、お酒はオーラに穴を開け波動を下げると言われています。

ですがそれらのもの我慢してストレスを抱えるのとどちらが穴を大きく開けるか、それを考えながら量や回数などを調整するといいです。

12. 運動をする

運動をすると体の中の液体と酸素が回って、ホルモンや自律神経、筋肉や骨など様々なものを調整してくれます。 それによって悪いところが溶けていくような感じで体や心にかかったストレスを取り除いてくれます。 いいお水を飲んで液体の流れをさらによくしてあげるとさらに良いです。

過度な運動は液体と酸素の循環を止め、ストレスが体と心にかかります。 アスリートなどのようにそれが心地よいという場合を除きオススメしません。



13. アファメーションを唱える

言霊を使うことで自分の潜在意識に働きかけることができます。

自分にあったアファメーションをしてください。

例:「私は幸せでに満ちています」「私は愛されています。」「私は他人を幸せにすることができます」「私の心は豊かです」



14. 感謝をする

・感謝ノートをつける。 ・寝る前に感謝項目を述べる。 ・感謝のお祈りをする。 一日の出来事でも、今ある現実にでも、連想ゲームのように 例:「暖かいお布団で寝むれることをありがとうございます。」

  「水道からお湯が出ることをありがとうございます。」

  「今日は〇〇さんと会えたことありがとうございます。」

  「自分に感情があることをありがとうございます。」


15. 他人やもの、場所に愛を送る

これは瞑想の種類のうちの一つです。

与えることで自分の心が豊かになります。 その時あなたは生き霊と言われるものと同じものになります。思考に要注意!


1. 楽な姿勢で目を閉じて、手のひらを広げます。

2. 自分の手から愛として光が出ているイメージ 3. その愛を思いついた人やもの、場所に送ります。その対象となるものが本当に豊かで幸せな状態であることを心から願いながら。(思いついた人の幸せをどうしても願えない場合はただただ優しい光を送るイメージでもオッケー。) 4. 次に思いついた人に同じように、それを連想ゲームのように一人ずつ大切に時間を取りながら何人にも送ります。





16. 直感に従って生きる

第三の眼が開いてくると、自分の直感が優れてきます。

食べるもの、寝る時間、取る行動、全て直感に従って生きる。

それが自分のあるべき姿ですので波動はベストの状態になります。本来は






Q. すべてが波動の法則であったら、いい状態なのになぜ困難がまた出てくるのでしょう?波動を保てれば困難は出てきませんか?


A. 答えはNoです。

波動を100%保つことができた時、困難を困難に感じなくはなるという違いはありますが、出てきます。

それはこの波動の低め地球にわざわざそれを体験、勉強、実験しに来ているからです。

ただ体験しに来ているだけの人、何かを学ぶべき人、実験している人、報告するための人、その内容は魂によって違います。

魂の目的に沿ってその体験は与えられます。

ですから、自分で持ってきた課題の大きな人であればあるほど、乗り越えても乗り越えても次から次へとそれは困難という形で現れてきます。

でもそれは自分が自分の魂に課した課題であり、乗り越えられないものはありません。

その頻度、スピードも様々ですが、クリアして次のレベルに行けば行くほど前回のものよりまたもう少し大きなものが現れるようにしている人が多いです。

本当に課題をクリアしているのか試される時、テストの時もあります。

そういう時は前に済んだような同じようなことが現れてきたりして、直感が優れてくるとそれはテストだということがすぐにわかり、簡単に合格することができます。

もし自分の学ぶべきことがたくさんクリアできた場合、人生の最後の方は楽になるようにと計画している魂が多いようです。

だんだん楽になって来ないということは‘学べていない’(次のライフに持ち越し課題の可能性あり←こちらがほとんど)か‘最初楽して後に持ってこよう’と決めた珍しい魂でしょう。

その様を江原啓之さんはジムに例えていらっしゃいました。

わざわざ涙流して魂の成長のためにきつい地球に来て、ジムに通っては負荷をかけ訓練をして、自分を磨いているのだという表現で。

それでいうとジムに通った回数が多い人ほど磨けていますから理にかなった表現ですね。

そのうち、困難が目の前に現れた時、「あ、次の課題きた!今度は何を学ぶ回なのかな〜?」と楽しむくらいの姿勢で取り組めると乗り越えるのも早く、楽になりますし、意識することで地球を存分に楽しむことができます。

せっかく地球に来ているのだから!




Q. 色にエネルギーはありますか?


A. はい、あります。

物質はその色の持つエネルギーを発していますので近くに置くに当たって気をつけるといいかも。。

自分のオーラの色もその自分の状態を表します。

情熱的な時は赤、ユーモアのある気分の時は黄色、恋をしていたらピンク、などなど。。

色の説明、何かいいサイトないかなーと探していたらありました。

参考にさせていただくといいです。

それぞれの色の持つエネルギーや説明は下の方のそれぞれの色をクリックすると詳細に書いてくださっていますー。ありがたや〜

注意:物のエネルギーより自分のエネルギーの方が何倍も強いので、そちらの方を重点的に考えた方が良いです。

どうしてもエネルギーが保てない場合に物に頼るのはアリです。

パワーストーンやパワースポットも同様、自分のエネルギーが主体なので本来あまり効果はないと考えた方がいいのですが、そういった物や場所のエネルギーをもらって少し楽をしたりするのはアリですね)



Q. 職場や家族に波動のよくない人間がいたらどうすればいいですか?


A. チャンスです!

課題を一つクリアするチャンス。

波動実験、ミラー方式実験、体験するチャンス。


何も意識をしたり気がついていなくても、半径3メートル〜8メートル以内に入る人間の波動の影響を人は受けます。

意識をした場合は違う国にいる人の波動でも受けることができます。

自分に近ければ近い位置にそういった人がいればいるほど、何か乗り越える大きなテーマを持って地球に来ている魂です。

魂磨きの量を今回少なめに設定している人にはそういった人は周りに現れません。

親子間や夫婦間で問題のある人ほど、乗り越えるテーマを自分で大きく設定して今世でだいぶ前に進もうと計画しています。

テーマが分かっていれば(愛を学びに来ている。。喜びの表現を学びに来ている。。。など)それに沿って自分が学べるようにじーっと相手と自分を観察し、どういった行動を自分が取るべきか考えます。

今世のテーマが分かっていない場合は、とりあえず、そういう方が近くにいたら色々実験してみるといいでしょう。

例えば、自分の波動を怒りの波動にした時、相手がどういう態度になるか。

逆に怒りでいっぱいに相手に対して、自分の波動を愛だけに変えてみた時、相手がどういう風な態度になるか。

そういった実験を繰り返すうちに、相手は自分の波動のミラーであって投影でしかないことがわかります。

相手は変えることはできませんので、自分と一緒にいない時のその人は全く違う人間であることも多いです。

自分の波動がよくなれば良くなる程、変わらない相手ですから、怒りでいっぱいの人は自然と自分の前では穏やかな人になるか、もしくは何らかの理由で会わないようになります。

優しい人は悲しみでいっぱいの人を助けたいと思って、自分の波動を下げるとこで相手に合わせシンクロを感じさせてあげることで相手に安心感と安らぎを与えてあげるケースが多いです。

でもそれは相手にとって何の得にもならず、その人の悲しみは無くなることは決してありません。

悲しみの人がいたら自分の波動を高く保つことでしかその人の悲しみを癒してあげることはできません。

自分の波動を高く保つことでその人の波動を引き上げてあげることができます。

自然に元気な気持ちになり、やる気が出て来て、その人自身が悲しみの原因と戦うことができる状態にする手助けをしてあげることができます。



Q. 音叉はどれをどう使えばいいですか?


A. 意図を持って音を鳴らしてください。


どの音叉で周波数を出す時も意図を持って出すことで周波数はクリアに流れ、効果を発します。


もし、音叉を一本買うならば、たくさんの人が528Hzの奇跡のヘルツの音叉や天使の音叉を選んでいるのでそれを参考にしてもいいですが、基本的にはパッとみてこれだ!と思うものを選んでください。


キネシオロジーを自分でできる人はキネシで自分の体に聞いてみてください。

ただ鳴らして周波数を感じるだけで素晴らしい効果があります。

お寺の鐘やヨーロッパの教会の鐘と同じ原理です。

もっとヒーリングに使用したい場合は、長い音を立てて体や物に当て音を聞いてみてください。

音が変わる部分があった場合、そこがエネルギーの詰まりや穴のある部分です。

その部分に何回もじーっと音を当ててみたり、何回も八の字を描くようにしてインフィニティーの印を描くといいです。

エネルギーの穴が埋まったり、つまりが取れるとそこで音は変わらなくなります。

本格的にそのヒーラーになりたい場合は、それ専門のクラスを取られてください。

私の先生はカリフォルニアのマリナデルレイのリンダ・ペニー先生で、キネシオロジーと音叉ヒーリングでとても有名な先生です。

私幸による音叉ヒーラーになるためのクラスを受講したい方はお申し出ください。

場所や人数によってはお住いの地域でも可能です。



Q. 今世の自分のテーマを知るにはどうしたらいいですか?

A. DNAリーディングをできる人がいます。


そういう方に見てもらうのも一つの手です。 基本的にはシンプルです。

陰から陽へ変化するのが通常です。

今世で一番辛いことの反対のことです。

例:

· 子供の頃に愛のない家庭で育った場合は愛を学んでいます。

· 身体が傷つく体験をした人は地球で身体を持つという体験を学んでいます。

· 常に足りないことを経験している人は充足しているとは何か を学んでいます。

· 子供の頃から表現が許されなかった人は表現をすることを学んでいます。

そのリーディングする方が自分をリーディングしてもらうにあたり最適かどうかは直感で。




閲覧数:29回0件のコメント

Comments


bottom of page