top of page

周波数Q&A

2018年 みゆきのヨガワークショップ日本ツアーより

のページをここに移行します。

5年前のワークショップの際の質疑応答のものですが、今もなお変わらない内容だと思いますのでご参考にどうぞ!


✴︎波動の法則✴︎



今の現実はすべて自分みずから出している波動(周波数)とマッチしているものです。

ラジオの周波数のようにチューニングを合わせたものだけがそこに現れています。

少しでもずれていると雑音が入った状態です。

今の現実社会では自分が出した波動がゆっくりとしたスピードで具現化していき、少し遅れて現実化します。

(出した波動がすぐにマッチして思ったことがすぐに実現化してしまったら危険な社会だから)

じっくりと波動を出す時間を設けてもらえているので、好ましくない波動を出してしまった時には、すぐに心の状態やエネルギーの状態を整え直し波動を変えていけばセーフ。

でもその現実化のスピードは年々増しています。

心してあるべき周波数を出してください♪

自分のあるべき姿に見合う波動を出すと言うことが、自分の今世の目的・使命を達成するのに近道になります。

でもまあ近道しなくてもいいんです。

追試する覚悟があるならば。

また来世で同じような辛い経験をして学び直さなければならず、魂の成長が遅れることを避けるために近道があるということです。

望む波動と自分の出している波動がマッチした時、自身がそれに見合った行動を苦なくできるようになり、実現化するための努力の積み重ねをすることができ、時間が最適な流れをしてくれていると感じます。

そうして物事がマニフェスト(実現化)していきます。そうして物事がマニフェスト(実現化)していきます。

引き寄せなどの言葉からババーンと無から有になる楽して手に入るイメージもあるようですが、そうではなく、実際はスムーズに頑張ることができて、楽しく努力ができ、人間らしい順序とスピードで成し遂げて行くことができるという形で現れます。


望む波動が乱れてしまったら、それが一旦止まったり消えたりしますが、また気がついたら戻せばいいんです。

また、自分の欲しいものを手にしている自分の状態の波動を出し、それと同じ周波数にチューニングを合わせることで、欲しいものを物質化することもできます。

それが日本で流行っている「引き寄せ」というものです。

Law of Attractionという言葉は「同じエネルギーのものを引き寄せる」と言う意味で、「欲しいものを引き寄せる」と言う意味ではありません。


ちなみに、本来は波動には「高い」「低い」「良い」「悪い」はありません。

ただの周波数の波の違いです。

ただ、説明するにあたりその言葉の方わかりやすく、ピンとくるので、「高い波動を保つ」や、「波動が悪くなってる」などという表現を使います。

私たちの世の中・宇宙にも本来は、「高い」「低い」「良い」「悪い」、また「時間」や「距離」はありません。​

ただ人間がイメージしやすいようにそういう表現を使います。


 

Q&A  

Q. 自分の理想の波動を探すためにはどうしたらいいですか?

幸: 自分の心に耳を傾けてください

.感情が‘はかり・インディケーター’です。

自分の感情が一番いい状態の時を見つける。 もやもや〜とするものが心に残る時はベストな波動ではありません。 すっきり快適、やる気が出たりワクワクしたりする状態の波動が自分のベストな波動。


2.誰かのものまねするのも一つの方法

なりたい自分のイメージに近い人の近くにいるようして周波数を感じる。 —Youtubeなどでなりたい自分のイメージに近い人、好きな人の映像を見てその周波数(雰囲気)を感じる。

3.自分の中の曇りやブロックを取る。

自分の中に曇りがある時、自分の求めているものや本当の感情がわからなくなります。

曇りがある状態とは自分の正直な感情を妨げブロックするものがある時です。

怒り、悲しみ、などがその感情です。

それらの感情は、親や社会、学校などで周囲からのプログラミングで埋め込まれ、培われたものによることが多いです。

プログラミングの種類は、自分は充分でない、自分は劣る、自分はダメだ、自分はやらなければいけない、容姿が優れている方が勝つ、努力できる人が勝つ、白と黒がある、悪と善がある、上と下がある、などなどです。

自分が埋め込まれ思い込んでしまっているプログラミングを知ること(ヒーリングすること)は、曇りを取る方法の一つです。


インナーワークやインナーヒーリングはご自分でネットなどで探してみるなり、それを教えている人に助けてもらうなり、してみてください。

誰も見つけられなかった時はご相談ください。



Q. 好ましい波動を保つためにはどうしたら良いですか?

幸: 色々方法があります。



1.意識をする

2.自分を知る

3.インナーワーク(自分の中をヒーリング)をする

4.好ましい波動の人の真似をする

5.良い波動の場所(自然)の中に行く

6.瞑想をする

7.良い波動の音楽を聴く

8.自分の心地よいことをする

9.宇宙の法則を勉強する

10.寝る

11.波動の高い食べ物を食べる

12.運動をする

13. アファメーション

14. 感謝をする

15. 他人やもの、場所に愛を送る

16. 直感に従って生きる

17. 波動をよくしないといけない!と思わない

18. 執着しない

18. 本当の自分、マスター、エンジェル、ご先祖様、霊的スピリットなどにお願いする。



それぞれ説明します。


1.意識をする 


まず、そして今自分がどういう状態なのかを意識します。

その今の自分の状態が好ましい波動なのかを意識します。

好ましい状態とはなんだろう〜?と意識します。

→好ましい状態でない時、波動を意識しておらず忘れている時が多いです。自分の出しているエネルギーを意識すること。



2.自分を知る


自分がどういった状態を好ましいと思うのか、まず知ること。

どういった時にどういった気持ちになるのかを知ること。

感情が現れたらどういう種類の感情なのかそれを見つめる。思いっきり感じる。その感情を知る。

もやもやするときは何に対して苛立ち、焦り、不足感を感じているのか知る。見つめる。

ワクワクする時には何に対しての期待感、充足感なのかを知る。見つめる。

ゆったりほっこりした時に幸せを感じるのか焦りを感じるのか、バリバリ活動している時に幸せを感じるのか疲れを感じるのか、人から注目されている時に幸せを感じるのか嫌悪を感じるのか、などなど。

自分が今の時点でどういう人なのか、どういう感情を持っているのかを知ります。

ただただ知って理解し、客観的に見てみるだけでオッケー。

自然と心がクリアになり波動が上がります。


3.インナーワーク(自分のヒーリング)をする


自分の中の疲れや嫌悪、焦りや怒り、不安を取り除く作業をします。

自分のトラウマを見つめてみる作業をします。

どういった時にその特定の感情を感じるのか、それがどこから来ているのかを探ります。

書くと早いです。


書き方例:

1. イライラする ← 風邪をひいているのにパートナーは何もしてくれない← 何かして欲しいと思っている ← 優しくしろよと思う ← 

自分は優しくされたいと感じている ← 優しくされないと愛されていない気がする ← 優しくされた時に愛を感じてた ← 自分は愛されたいと思っている! ←愛されていないと子供の頃に感じたことがある ← そう感じている子供の頃の自分に愛を送ろう

2. イライラする ← 風邪をひいているのにパートナーは何もしてくれない ← 人に頼らず全部自分でできろよと思う ← 

人に頼って生きている人に嫌悪を感じている ← 自分のことを自分でできない人のことを下に見ている自分がいる ← 人に頼るなと親に言われてきた、社会に言われてきた

← 自分は洗脳プログラミングされている ←  人間は皆人に頼っても、できないことがあってもいいのに!

3. イライラする ← 風邪をひいているのにパートナーは何もしてくれない ← 結局きついのに自分が起きて色々しなければいけない ← 物事を順序よくあるべき姿であらせるため ←  物事は決められた通りに進まないといけないと思っている ← 親や社会にそう言われてきた ← 自分は洗脳プログラミングされている ← 物事が順序よく進んでなくても、できていない時があってもいいのに!何かを飛ばしたりサボったりしてもいいのに!


私は精神病を患っていたため、90年代よりこういった、書く・読む・発する・自分の過去と会って話し合う・心と会話する・周囲の人に聞く・自然と会話する・ハイヤーセルフと話に行く・アファメーション、などの作業をしておりました。

必死で生き抜くために、知らずのうちに自然とインナーワークをしていたんですね。

2010年ごろから意識してインナーワークをすすめたことにより、40歳をすぎたあたりから人生がとっても楽になりました。

13年間、過去の自分と対面する勇気が出ずに帰れなかった日本にも一時帰国することができました。(半ば宇宙から強制的にでしたが)

​今回の帰国でも様々なヒーリングをしてきました。

皆様にもこの心の平和を味わっていただきたいです。

そして、最近は実験もかねてあえて、いろんなワークをしてみることで、自分の現実への反応を見ています。

面白いように結果がでますよ♪



4. 好ましい波動の人の真似をする


自分がなりたい波動に近い人を見つけます。

その人がどういう行動をしているのか、どういう考え方をしているのか知ります。

身近にいない時はYouTubeでもInstagramでもその方の波動を感じれるものであればなんでもOK.

自分があたかも同じように思考しているようにイメージします。

実際の行動はあとからついて来るもので、まずは自分がもうしているイメージ。




5. 良い波動の場所に行く


自然の中に行く。一番てっとり早い方法です。

とりあえずテンポラリーにでもいいので自然の中に行くことで、一時ダウンは逃れられます。

エネルギーを受け取ることが目的なので、実際に自然のなかに行かなければいけませんが、とりあえずYoutubeなどで自然の音と映像を流すだけでもだいぶ効果はあります。

自然に限らず神社や教会など、波動の良い場所はたくさんあります。

自分の家も、掃除や観葉植物を置く工夫などで波動もよくすることができます。



6. 瞑想をする


瞑想を難しく考える方がいます。

知ってしまうと難しいことは何もありません。

お散歩をしながら空を見てぼーっとすることも瞑想です。

お皿洗いをしながら水と食器に集中するのも瞑想です。

人間は一日に6万回から8万回思考しています。その思考の回数を減らすのが瞑想です。

瞑想をすると願いが叶いやすくなるのは、余計なネガティブな思考を減らすことができるからブロックを取り除くことができるからです。


瞑想の方法は山ほどあります。

· 禅瞑想

· ラブ&カインドネス瞑想

· ボディー瞑想

· マインドフルネス瞑想

· 呼吸瞑想

· 引き寄せイメージ瞑想

· ハイヤーセルフ瞑想

などなど


詳しくは「瞑想講座」を受講してください!


7. 良い波動の音楽を聴く


音楽の波動は強烈ですので影響されやすいです。

本来ならば1920年代に変えられた戦いのピッチスタンダードA440Hzではなく、自然のヘルツ432Hz, やDNAの528Hzの音楽を聴いてもらいたいというのが究極ですが、なかなか今の現実では簡単ではないです。

なので、とにかくロックでもハワイアンでもなんでもいいのです。

自分が気持ちがいいと感じる音楽を聴いてください。

クラシック音楽は波動の良いものが多いですので一番おすすめです。



8.自分の心地の良いことをする


自分を大切に!

自己愛が波動を高めます。

人によって豊かな気持ちになれることは違います。

朝早く起きて仕事をして心地が良かったらそれです。

お茶を飲みながら読書して心地よかったらそれです。

友達とおしゃべりをして心地よかったらそれです。

お風呂掃除をして心地よかったらそれです。

何か心のなかにモヤモヤ〜〜とするもの、なんだかスッキリしないものがあったらそれはその瞬間あなたにとって「心地よいもの」ではありません。

まずは自分が本当にすっとした気持ちになれる行動は何かを知ります。


9. 宇宙の仕組みや魂の仕組みを勉強する


‘Knowing’叡智を持つことで、生きることが楽になります。

2012年ごろから今まで隠されてきた言い伝え的なものも表にバンバン出ています。 本を読んだり、セミナーに行ったり、自分の前に現れたものを勉強してみると、アセンションの為に波動が上がっていきます。



10. 寝る

どーにもこーにも波動が下がっちゃう時は寝れたら寝てください。



11. 波動の高い食べ物を食べる


自然のもの、遺伝子組換えされていないもの、化学調味料の入っていないもの、加工されていいないものが波動が高いです。

動物が殺されて処理をしているものは、その動物のストレスエネルギーを保持していますので、やはり波動はよろしくないです。 野菜や海藻、果物が、波動の良い食べ物です。 カフェイン、砂糖、お酒はオーラに穴を開け波動を下げると言われています。

ですがそれらのもの我慢してストレスを抱えるのとどちらが穴を大きく開けるか、それを考えながら量や回数などを調整するといいです。

よく噛んで、じーっと今食べているものに集中してみてください。

もし、もやもやしたらそれはあなたに取って必要のない、もしくは害になる食べものです。

気持ちがよくなった場合は、それはあたなに取って必要な栄養素の入った食べ物です。


心がクリアになってきたり、人生の目的に沿って生きていると、スーパーに入っただけで手に取るべきものがわかるようになります。

テレビでさんまさんが「体が欲するもん買やーいーやないか〜」とおっしゃってました。

この方は人生の目的にしっかりと沿った生き方をしているから、そういうことが自然に身についているのだな〜と関心したものです。





12. 運動をする

運動をすると体の中の液体と酸素が回って、ホルモンや自律神経、筋肉や骨など様々なものを調整してくれます。 それによって悪いところが溶けていくような感じで体や心にかかったストレスを取り除いてくれます。 いいお水を飲んで液体の流れをさらによくしてあげるとさらに良いです。

過度な運動は液体と酸素の循環を止め、ストレスが体と心にかかります。 アスリートなどのようにそれが心地よいという場合を除きオススメしません。

自分にとってちょうどスッキリする程度の運動は何か探して見てそれを行ってください。




13. アファメーションを唱える

言霊を使うことで自分の潜在意識に働きかけることができます。

自分にあったアファメーションをしてください。

例:「私は幸せでに満ちています」「私は愛されています。」「私は豊かです」

ホ・ポノポノなど

アファメーションはあくまで上書きのとりあえずの対処療法です。

アファメーションで気分をあげて、やる気が出たら自分の中と向き合いましょう。



14. 感謝をする


  • 感謝ノートをつける。

  • 寝る前に感謝項目を述べる。

  • 感謝のお祈りをする。

​​

一日の出来事でも、今ある現実にでも、連想ゲームのように

例:「暖かいお布団で寝むれることをありがとうございます。」

  「水道からお湯が出ることをありがとうございます。」

  「今日は〇〇さんと会えたことありがとうございます。」

  「自分に感情があることをありがとうございます。」


15. 他人やもの、場所に愛を送る


これは瞑想の種類のうちの一つです。

与えることで自分の心が豊かになります。

その時あなたは生き霊と言われるものと同じものになります。思考に要注意!

1. 楽な姿勢で目を閉じて、手のひらを広げます。

2. 自分の手から愛として光が出ているイメージ 3. その愛を思いついた人やもの、場所に送ります。その対象となるものが本当に豊かで幸せな状態であることを心から願いながら。(思いついた人の幸せをどうしても願えない場合はただただ優しい光を送るイメージでもオッケー。) 4. 次に思いついた人に同じように、それを連想ゲームのように一人ずつ大切に時間を取りながら何人にも送ります。



16. 直感に従って生きる


第三の眼が開いてくると、自分の直感が優れてきます。

食べるもの、寝る時間、取る行動、全て直感に従って生きる。

それが自分のあるべき姿ですので波動はベストの状態になります。


17. 波動をよくしないといけない!と思わない


物事に’しないといけない’は本来は存在しません。


波動がよくなると、人生が豊かになったり楽になったり楽しくなったりして、魂の成長も加速します。

でもそれが「いいこと」とは限りません。

本来は宇宙には「いい」も「悪い」も存在しません。

「高い」「低い」も存在しません。

「在る」だけです。

その上で。。

波動の高い場所からわざわざ波動の低い地球にやって来たからには、地球ならではの陰陽、善悪、白黒をじっくり観察体験して魂の学びに繋げましょう。​その理解が深まり、自分の陰の部分もしっかりと客観的に観察できるようになった時、自然と波動は上がるようにできています。

18. 執着しない


何かに執着していませんか?

人や物質、場所や時間に。

執着は波動を下げ、ブロックの原因となります。


恋愛して「この人じゃないと絶対にだめ!」と思っていませんか?

執着です。

「アルバイトはダメで就職じゃないとダメだ!」って思っていませんか?

プログラミングによる執着です。

過去に起こったことに対し、「ああすればよかった!」って思っていませんか?

執着です。

「あの人は私に意地悪るす!」と思っていませんか?

人はこうあるべきだという執着です。(依存でもある↓)

19. 依存しない

何かに依存していませんか?

人や物質、場所や時間に。

依存は波動を下げブロックの原因となります。


恋愛して「この人じゃないと私を幸せにできない」って思っていませんか?

それは自分自身ではんく他人に幸せにしてもらおうという気持ちの結果です。

パートナーにイライラしていませんか?

他人が自分の思い描く行動、希望する行動をしてくれないからイライラしていませんか?

相手に対して不満を抱いているのは依存です。

相手にこうなってもらいたい!と思うのは依存です。

他人の行動で自分が不幸だと感じるのは勘違いで、依存です。

自分を豊かに幸せにできるのは自分自身だけです。

自分を心から幸せにする行動をとってください。

そうしていると相手が離れて行くようであれば、それはそれでサヨ〜なら〜しましょう。

あなたの人生にいらない人です。

そそのように相手の方から自然に離れて行くのではなく、自分から相手を遠ざけたり、別れたりしようとするのは依存の証拠です。


子供に「こうあるべきだ!」と期待を押し付けていませんか?

期待は依存です。

その人がそれをしてくれれば自分を満足させてもらえるというさもしい気持ちの現れです。

子供に自分の考え、自分の希望、人の考え、社会の考え、文化的考えや世界の考えを伝えるのはいいことで、親としてすべきことで教育です。

その上で子供がそれに答えてくれない時に怒るのは依存です。

20. 本当の自分、マスター、エンジェル、ご先祖様、霊的スピリットなどにお願いする。


これは「お祈り」と言われているものですね。

お祈りしてお願いします。

願いは通じます。

お祈りの相手は自分が信じる相手であれば誰でもオッケー。

できれば自分のことばかりでお祈りをするのではなく、時には家族やお友達、会社の同僚、すれ違った他人や世界のことを考えてお祈りすると波動的に抜群の効果です。


☆’本当の自分’とはインナービーイングやハイヤーセルフと言われるもので、自分の魂であったり自分のグループソウルであったり神様であったりと解釈は様々です。


’アセンデットマスター’とは地球に生まれたことのある光の先人のことで、よりこの世界に貢献したのち高い階級の魂の場所にいらっしゃると言われる方々です。

物質世界に詳しいので大天使たちよりも言葉をわかってもらえます。

イエス・キリスト様やお釈迦様、天照大神さま、シヴァ様、弘法大師様、マリア様、など。

それぞれに人に縁の深いマスターがいます。

家は仏教でもなんでもないのに、般若心経が大好きでいつも唱えている人は仏教系の誰か、なぜか聖歌を聞く環境にある人はイエス様やマリア様、とある神社に行くと涙が出る人はそこに祀られている神様、などなど、今世の自分の環境を考えるとなんとなく誰が自分のマスターさまかわかるはずです。

’エンジェル’は一般的な天使も、ガイドの天使様も。

ご自分にいつもついてくださる天使さんがいます。誰かわかってたらその方のお名前を呼びながら、わかってなかったら天使様〜って感じで。


☆’ご先祖様’は遺伝子を引き継いできた遠い先祖様から最近お亡くなりになった近い親戚まで。

守護霊としてついてくださっている方もいますね。

誰か特定のおじいちゃん〜おばあちゃん〜おばちゃん〜などと呼びかけてもいいですし、ご先祖サマーでもなんでもオッケー。

なくなった人にエゴはありませんので、気にしません。

’霊的スピリット’とは、宗教的な神様や自然に宿る神様、よろずの神様、観音様、神社の神様など祀られている神様なども。





閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Hozzászólások


bottom of page